和室

部屋の広さに合った商品

和室に畳が欠かせなくなっていますが、年数が経過すると汚れが目立ってきたり、ダニや埃なども付着しやすくなります。購入をしてから、8年から10年ぐらい経っている場合は、畳替えを検討したほうが良いでしょう。

畳

畳の品質維持

畳は、湿度調整機能があるなど、日本の気候に適しています。い草という天然素材を使っていますので、畳替えによるメンテナンスが不可欠です。畳表替え、裏返し、新畳と段階に応じてありますので、専門家である畳屋さんへの相談が必要です。

女性

畳をメンテナンスしよう

長期間使用して痩せが生じた畳を張り替える時は、隙間もキチンと調節してくれる専門業者へ依頼しましょう。畳替えを行う際は、複数の製畳店から見積もりを集めて比較するのがベターですが、ネットで展開している製畳業者も候補に加えておきたいところです。

畳

張り替えるメリット

畳替えを行う事によって、日に焼けた状態から綺麗な状態に戻せるだけでなく、畳本来の機能を取り戻すことが出来ます。その機能は例えば防臭や抗菌、さらに適度な固さの床になるため足腰に対する負担を軽減する等をあげることが出来ます。

畳

快適な和室にメンテナンス

畳替えには裏返し、表替え、新畳の3種類があります。裏返しの場合は1畳あたり3500円、表替えの場合は畳表のランクによりますが、1畳あたり5500?1万円が相場です。新畳だと1万以上、2万4千円くらいまでが相場となっています。

畳のチェックは万全ですか

畳

畳のメンテナンス方法とは

毎日忙しく働いている人こそ、家はくつろげる空間にしたいもの。掃除を毎日している部屋でも、やはり定期的なメンテナンスは大切です。しかし、フローリングならともかく和室の畳のこととなると、どうしたらいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。畳を替えることを畳替えと言いますが、畳替えには新調、表替え、裏返しの三種類があります。まず、新調とは言葉通り、畳をすべて新しくすること。表替えは、畳の中の部分はそのままで、表面のい草の部分を張り替えること。そして裏返しは、現在使っているのと反対側が表になるよう、畳を裏返すことです。畳は本来、表裏両方使えるように作られており、5年ほどで裏返し、8年ほどで表替えを行い、10年以上経ったら新調するのが目安です。ものを大切にする昔の人の知恵が感じられますが、マンションなど湿気のこもりやすい現代の住環境だと、それより早く痛んでしまう場合もあります。年数に関わらず、畳の状態によって畳替えの時期を見極めましょう。表面が毛羽立ったり汚れてきたりしたら畳み替えのサインです。裏面が綺麗であれば裏返し、裏表どちらもその状態であれば表替えを行います。しかし、ここで注意したいのが、汚れが表面だけのものかどうかです。カビが原因の可能性もあり、その場合は畳の内部までカビが侵食している可能性もあります。直接においをかいでみて、カビくささを感じたら新調してください。汚れていない場合でも、い草の色が薄れて黄色や褐色になってきたら新調するといいでしょう。正しく畳替えを行って、くつろげる綺麗な部屋を保ちましょう。

Copyright© 2018 畳替えをするべきタイミングって【チェック項目を紹介】 All Rights Reserved.