畳の品質維持

畳

畳のメンテナンス方法

日本の家屋も洋風化していますので、フローリングを導入するケースが多くなっています。しかし、昔ながらの畳に対する需要は根強いものがあり、和室の部屋は一室はあるという状況です。畳は、空気中の水分を吸収したり、放出したりして、湿度を調整する機能がありますので、湿度が高い日本の気候には最適です。材料であるい草には断熱効果やその香りによるリラックス効果もあるなど、畳はいろいろなメリットを有しています。自然素材を加工していますので、経年変化とともに傷んできたり、色落ちもしてきます。そこで畳替えが必要になってきます。畳替えにも3種類あります。畳表だけを取替える畳表替、畳表を裏返して使う裏返し、この2つでも対応できない場合は畳を全部新しくする新畳になります。畳表替えは、前回、畳表替、裏返し、新畳を行ってから5年以上の経過が目安になります。裏返しになると、前回の畳表替や新畳から2年半、新畳の場合は、前回新畳にしてから10年以上経過している場合が目安になります。畳替えのうち、表替えや裏返しの場合、畳をひっくり返せばいいようなイメージがありますが、実際は畳の上面に張られている畳表を裏返したり、張り替えることになります。このため、畳替えを考えた場合は、畳屋さんに相談することになります。畳の引き上げ、畳表の張り替え、納品まで、作業は1日で完了します。料金も様々ですので、インターネットなどで畳屋さんを検索して比較したり、見積もりを取ってから依頼することになります。

Copyright© 2018 畳替えをするべきタイミングって【チェック項目を紹介】 All Rights Reserved.