快適な和室にメンテナンス

畳

畳を選ぶメリット

住環境の変化に伴い、近年は畳の和室よりフローリングの洋室を採用する人が増えています。畳は掃除が大変、張り替え等のメンテナンスにお金と手間がかかる・・・そのように感じられがちですが、実はメリットが沢山あります。たとえば梅雨時期、ジメジメと多湿になるときは除湿効果があり、乾燥する冬は加湿効果が発揮します。電気代をかけずに出来る最高の湿度調節です。畳の効果を最大限に発揮する為にも、適切な時期に正しいメンテナンスをする事が大切です。畳替えには裏返し、表替え、新畳の3種類があります。それぞれの価格の相場を見てみましょう。まずは裏返しです。畳表をひっくり返して畳床に貼り直すもので、畳替えの中で一番安価に出来ます。その相場は1畳あたり3500円です。しかし、裏返しは新品から5年程度までしか行うことが出来ません。それ以上経年していると畳表が劣化している為、同じものを付け直す事が出来なくなります。その場合に行われるのが表替えです。畳表を新品にして、畳の本体である畳床はそのまま使用します。この場合、選ぶ畳表の種類によって価格は異なります。下級品であれば1畳あたり5500円、高級品であれば1畳あたり1万円程が相場です。また、畳床も新しいものにする場合は新畳と呼ばれ、全てまるごと畳替えを行う事になります。畳床の価格は7000円から14000円程度まで何種類かあり、それに先述の畳表の価格が加わります。よって、新畳の場合は畳床も畳表も安価な物を選べば1畳あたり12500円、どちらも高級品を選ぶと24000円程という事になります。畳は湿度調節だけでなく防音効果もあり、クッション性も高いのでお子様や老人に良い空間になります。適切な畳替えを行って有意義に使用しましょう。

Copyright© 2018 畳替えをするべきタイミングって【チェック項目を紹介】 All Rights Reserved.